双和化学産業株式会社

PRODUCTS AND SERVICES
製品・サービス

ポリルーフについて

FRPの持つ優れた特性を取り入れた “ポリル-フ”

ポリルーフは、FRPの持つ優れた特性を防水に取り入れたFRP塗膜防水材で、多くの優れた特長を有しています。
ポリルーフFRP防水は、液状の不飽和ポリエステル樹脂に硬化剤を加えて混合し、この混合物をガラス繊維などの補強材と組み合わせて一体にした塗膜防水です。
従って出来上がった防水層は、継ぎ目のないシームレスな構造となります。

  • 特長
  • 工法
  • 施工手順
  • 製品一覧
  • 01 環境への配慮

    FRP防水層から揮散する臭気を格段に低く抑えた樹脂を標準化させました。 また、シート等他の材料を複合する環境配慮型FRP防水工法も完成させ、様々な分野で採用が増加しています。

  • 02 高耐久性

    FRP防水の最大の特徴である耐候性・耐久性に優れている他、耐熱性、耐薬品性などにも優れた性質を持っています。

  • 03 高強度と軽量化

    FRP防水の一つの特徴に高強度があげられますが、m2あたりわずか3~5kg程度の重量で強度の大きな防水層が得られます。柔軟なウレタン塗膜と複合することにより、過酷な駐車場での露出防水にも使用することができます。

  • 04 飛び火認定

    ポリルーフFRP防水では、木造住宅バルコニー防水での飛び火認定のみならず各種のシート系材料やウレタン+FRP複合防水工法においても幅広い適用が可能となりました。

  • 05 豊富な工法バリエーション

    ポリルーフFRP防水は、各種ポリエステル樹脂、ビニルエステル樹脂、アクリル樹脂等の樹脂とガラスマットの組み合わせ、更には他の防水材料との組み合わせで様々な用途に展開できます。

  • 06 多機能

    ポリルーフFRP防水では、通気シートとソーラー脱気筒の組み合わせによる通気緩衡工法、耐候性・耐汚染性に優れたシリコン系トップコートの採用、耐摩耗性や意匠性を高めるセラミックス系骨材の使用、など機能性を高める工法も次々とラインナップしていきます。

用途 使用部位 使用可能部位 工法名 PDF
屋上緑化   屋上緑化 PP-10G(ウレタン+FRP複合防水) PDF
  立上り部 PP-10H(ウレタン+FRP複合防水) PDF
  屋上緑化薄層タイプ PP-11G(ウレタン+FRP複合防水) PDF
  立上り部 PP-11H(ウレタン+FRP複合防水) PDF
駐車場   屋上駐車場 PP-1V(ウレタン+FRP複合防水) PDF
  スロープ PP-2V(ウレタン+FRP複合防水) PDF
  立上り部(屋上駐車場) PP-3V(ウレタン+FRP複合防水)  
  立上り部(スロープ) PP-4V(ウレタン+FRP複合防水)  
  駐車場(中層階・地下) PP-6V(ウレタン+FRP複合防水) PDF
  立上り部(ウレタン塗膜防水) PPU-T(ウレタン防水)  
屋上・バルコニー   屋上・バルコニー多目的スペース(大面積用) PP-7V(ウレタン+FRP複合防水)  
  屋上・バルコニー(大面積用) PP-8V(ウレタン+FRP複合防水) PDF
  屋上・バルコニー(大面積用保護モルタル仕様) PP-8V 保護モルタル仕様(ウレタン+FRP複合防水) PDF
  屋上・バルコニー(小面積用) PS-1D PDF
  屋上・バルコニー(小面積用保護モルタル仕様) PS-3D PDF
  屋上・バルコニー・一般工場床 PS-4D PDF
木造バルコニー(飛び火認定工法)   木造バルコニー(屋上・バルコニー・新築/改修) MNS-1W(シート+FRP複合工法 環境配慮型工法) PDF
  木造バルコニー 複合防水工法 MPS-1W PDF
  木造バルコニー(大面積複合防水工法) MPS-4W(シート+FRP複合工法) PDF
  木造バルコニー(小面積) MPS-4 PDF
  木造バルコニー(小面積) MPS-4匠 PDF
浴室洗場・プール・受水槽   浴室洗場(保護モルタル仕様) PNS-1
※浴槽不可、木造住宅不可
PDF
  浴室洗場 PNS-2
※浴槽不可、木造住宅不可
PDF
  浴室洗場(保護モルタル仕様) PB-1
※浴槽不可、木造住宅不可
PDF
  浴室洗場 PB-2
※浴槽不可、木造住宅不可
PDF
  屋外プール・食品関連施設床等 PL-1
※金属製・温水プール不可
PDF
  水槽の天井 YPL-1
※金属製・温水プール不可
PDF
  受水槽・貯水槽・食品槽・活魚槽・その他各種水槽 YPL-2
※金属製・温水プール不可
PDF
外断熱工法   屋上 FSD-2 PDF
JASS8対応工法   平場 PS-J8 PDF
  立上り部 PS-J8H PDF
屋上(通気緩衝システム)   屋上・バルコニー(主に改修用) AVS-1(通気緩衝用シート+FRP複合防水) PDF
トップライト改修   FRP製トップライト CT-1,CT-2 PDF
ウレタン工法   屋上・バルコニー PUI法各種 PDF

使用可能部位アイコンの説明

PP-1V工法施工手順例

ポリルーフの代表的な工法であるPP-1V工法(ウレタン/FRP複合防水工法)を例に施工手順をご紹介します。PP-1V工法は駐車場などに適用される工法です。
(なお、以下は施工手順の概要を示すものです。実際の施工にあたっては必ず各工法の施工マニュアルをご参照下さい)

  • 下地処理
  • 1.ウレタンプライマー層
  • 2.ウレタン層
  • 3.プライマー層
  • 4.ガラス基材
  • (ラップ部の処理)
  • 硬化剤添加
  • 5.下塗り
  • (脱泡処理)
  • 6.骨材散布
  • 7.中塗り層
  • 8.トップコート層
  • 施工完了

当工法がポリルーフウレタンFRP複合工法の基本となります。
用途、施工条件に応じ、工法・工程(特にPNS工法)は異なりますので、各施工マニュアルをご参照ください。

  • 環境配慮型材料

  • 下地調整材

  • プライマー

  • ウレタン塗膜防水材

  • 下塗り材

  • 中塗り材

  • トップコート材

  • 硬化剤・促進剤

  • 基材

  • シート・テープ類

  • その他副資材

  • 断熱材

  • 施工用具

  • 副資材(ドレン類)

  • 副資材

TOP